楽しい生活役立ち情報局

暮らしに役立つ事柄を記事にまとめました

*

火山噴火で日本最大は?被害状況は?口永良部島は?

   

最近日本各地でおこっている

火山噴火ですが、

被害状況の気になるところです。

今日噴火した「口永良部島」には

最も高いレベル5の噴火警戒レベルが

出されました。

日本最大の火山噴火のことや

予測される被害について

お知らせします。

スポンサードリンク

火山噴火で日本最大は?

記録に残るかぎり、
1782年、江戸時代(天明2年)の

浅間山の大噴火」が

日本の火山噴火で最大規模のものとされます。

上空は火山灰に覆われ数年間冷害を
引き起こしました。

そのため「天明の飢饉」がおこり、
情勢不安をもたらし、
江戸幕府の衰退の要因にもなったほどです。

浅間山は今でも活発に活動しており、
予断をゆるしません。

火山噴火日本で被害は?

噴火予知の技術はまだ不完全なので
噴火の予兆を知ることは難しいですが、
以下のように判断できます。

・人間には感じない地震が山中で起きる。

・人間に感じられる地震が山中で起きる。
(この時点でマグニチュード2〜3)
・山の膨張や地殻変動がおきる。

・マグマや火山灰、高温のガスの噴出。

噴火が起こったらいち早く
自治体の避難勧告や指示に従い
非難することしか現状では方法が
ありません。

火口付近では溶岩流が家屋や道路を埋め、
火災を引き起こします。

火山灰が厚く堆積した斜面では降雨に
よって土石流が発生する可能性があります。

また、高温の岩石・火山灰・火山ガスの混合物が
火砕流となり高速で流れ下り、通過した所を
焼き尽くします。

噴石や火山弾が降り注ぐこともあり
大変危険です。

スポンサードリンク

火山噴火で日本の島は?

ニュースでもあったように
5月29日午前に鹿児島県の
口永良部島の新岳で爆発的な噴火が発生しました。

大規模な噴煙が1200メートル以上の高さに達し、
火砕流が新岳の南西側から北西側にかけて
流れ下ったことが確認されています。

気象庁は噴火警戒レベルを最も高いレベル5に引き上げ、
厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁がレベル5の噴火警報を発表したのは、
平成19年12月に警報を導入してから
今回が初めてのことです。

北西側では火砕流が海岸まで
到達したことが確認されています。

去年8月2日に起きた噴火より規模が大きいとのことです。
住民の方たちの安否が心配されます。

まとめ

日本には多くの活火山があり、

近年特に活動が活発になっています。

絶えず情報を入手して

迅速な行動が出来るよう

日ごろから準備しておきたいものです。

スポンサードリンク

 - 災害

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

133reizouko597
夏場の停電で食糧の保存方法は?冷蔵庫は?復帰後は?

台風や地震、 あるいは計画停電などで 通電がストップしたらどうしよう? スポンサ …

error: Content is protected !!