楽しい生活役立ち情報局

暮らしに役立つ事柄を記事にまとめました

*

多汗症の対策で食べ物は何がいい?脇の下は?足の裏は?

   

汗っかきにとって憂鬱な暑い季節がやってきました。

電車のつり革を持てば脇汗が気になり、
靴を脱げば蒸れた足裏のニオイが気になる。

せっかく晴れ晴れしい空なのに気分はどんより。

どうにか夏を楽しく過ごしたいと調べたところ、
「多汗症を解消できる対策は食べ物にあり」と朗報が!
早速見てみたいと思います。

スポンサードリンク

多汗症の対策で食べ物は何がいい?

多汗症の原因とされているのが

●糖尿病などの病気 ●緊張やストレスからくる精神的な問題

●ホルモンバランスの乱れ ●食生活の乱れ 

 以上の4つ。

そして、そのすべての原因に関係するのが「交感神経の異常」です。

交感神経による汗のコントロールができなくなると
汗腺から異常に汗が分泌されるからです。

上記の4つの原因の中で病院や薬に頼らずに自分で改善できるのは、
食生活の乱れ=食べ物に気をつける、ということですね。

まず、交感神経を抑制するのに一番有効であるのが
イソフラボンを含んだ食べ物
豆腐、納豆、油揚げ、味噌、豆乳などです。

その次が、大葉、もやし、アボカドなどの「女性ホルモン食品」。

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きで、
それぞれ反対の働きをする交感神経と副交感神経を含む
自律神経の働きを整えてくれます。

あとは体を冷やす野菜「クールベジ(クールベジタブルの略)」。

きゅうり、トマト、ピーマン、ナス、ゴーヤなどの夏野菜です。

利尿作用のあるカリウムを多く含むので
体内の水分と一緒に余分な熱も排出してくれるのです。

しかしカリウムは加熱すると失われてしまうので要注意。
生で食べて熱のこもならい体づくりを目指しましょう。

ミント系のハーブ」も汗を抑える作用があります。

ハーブティーも良いですが、サラダやデザートに1枚添えてみても。
食後にミントを食べると体の火照りを防ぎ、
熱を下げたり体を冷やす効果があるので多汗症が改善されますよ。

逆に、刺激の強い韓国料理やタイ料理、
カフェインが含まれるコーヒーやお茶は
交感神経を活発にして多汗を引き起こすので避けてください。

多汗症の対策で脇の下は?

そもそも体が汗を発するのは、
体温が上がるのを抑えるために放熱が必要だから。

ということは体温の上昇自体を抑えると
汗も抑えられるということです。

冷却ジェルシートや冷たいペットボトル、
濡らしたタオルを体のリンパ節に当てて冷やすのが
お気軽で簡単な方法。

首の後ろ・左鎖骨下・脇・太ももの付け根・ひざ裏

この5つのポイントを冷やすのが効果的です。

脇の下が気になるなら脇を集中して冷やしましょう。

脇や顔など上半身の汗を止める「大包(だいほう)」という
ツボを押さえるのも即効性があります。

ツボの位置は、胸を揉むような形で腕を組み、
そのまま指を脇の下にはさんで指先の触れる場所が「大包」です。

京都の舞妓さんが汗をかかずに化粧崩れしないのは、
このツボを常に帯で締め上げているからだそう。

その原理を利用した「汗止めベルト」も販売されているので
活用してみるのもいいですね。

さらに突き詰めるなら、ミョウバンを使ったクリームや
塩化アルミニウムを含んだ塗り薬を使うのも手です。
多汗症治療のひとつとして人気の高いボトックス注射を
打つ方法もありますが、費用が高い上に副作用も心配。

やはり体に負担をかけず低コストで解消したいところです。

気になる汗ジミなどの見た目の問題には、
汗取りパットをつけるか、衣類の脇部分に防水スプレーを
かけておくという対処法で切り抜けましょう。


スポンサードリンク

多汗症の対策で足の裏は?

足裏に大量に汗をかくと一番困るのは、
濡れたままの靴下を一日中履いて足が蒸れる事。
ニオイも気になる上に細菌が繁殖して水虫を引き起こします。

足裏はこまめにタオルで拭いたりできません。
他人の家に急に上がらないといけなくなっても
応急処置すらできなくて焦ってしまいます。
そんな時のために常に新しい靴下を用意しておいた方が
良いかもしれません。

足裏の多汗症も脇と同じでリンパを冷やすのが有効。

足裏の場合、ツボは手と足にあります。

手は人差し指の爪の横で親指側のツボ

足は小指の爪の横で外側のツボを押してください。

交感神経の興奮を抑えて、興奮や緊張からくる足裏の
汗を抑えることができます。

そして意外かもしれませんが、夏でも室内や自宅で靴下を履いて
根本的な冷えを解消する
のも大事。

足先の急激な温度変化を避けることで血行が改善されて
足裏の汗も改善されていくそうです。

足の蒸れも考慮して「5本指ソックス」がおすすめ。
こまめに履き替えて清潔を保ってください。

冷えを解消すると共に温めるのも効果的。
ウォーキングなどの運動をするか、
足湯アロマでリラックスしながら血行を促進するのもいいですね。

あとは汗取りシートや汗取りパットも
足裏用のものが店頭で売られていますので、
靴の中で足が汗ですべるストレスは軽減できるでしょう。

まとめ

汗というのは気にすれば気にするほど
精神的な刺激で余計に汗が出てきます。

いろんな対策があるけれど、
「気にしない」ことが汗をかきにくくする
一番の得策と言えそうですね。

スポンサードリンク

 - 美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

4c9053f7f34c107dbd9a1da9e014ef1a_s
薄毛は女性でも三十代から!簡単な改善方法と向く食べ物!

まだ30代になったばかりなのに なんだか最近、頭の地肌が目立つようになってきた・ …

ab33bb97e48badffa522aa0f9a12649a_s
デトックス スムージーの美肌効果は?食材は?ヨーグルトは?

お肌のくすみ、シミ、吹き出物などの肌トラブル。 化粧品ではあまり効果がないみたい …

9858e5dcef4b0f7kubi2b4aaa3bcafa3546b_s
紫外線対策で首のケアはどうする?しわの解消、乾燥がひどいときは?

最近鏡を見て気になるのは 「首だけ日焼けして真っ黒!」 「首のしわが老けて見える …

error: Content is protected !!